teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:384/5642 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

青春とは何か?

 投稿者:瀬戸山豊77歳  投稿日:2021年 7月16日(金)08時47分59秒
  通報 返信・引用
  「青春」私にとって思い出すだけで涙が出てくる。
あまりにも楽しすぎた。この度、喉のガン、食道狭窄、骨折、肺炎とつづけやっと退院して今家で療養してる。その間考えることが大いにあった。

絶滅危惧種見たいな若い看護師達が献身的に介護をしてくれる。
彼女等は定年まで勤められるのか?まさに体力勝負だ、彼女らに青春を教えようとしてもあまりピンとこない。

さて本題に入ろう。私にとってサミエル・ウルマンの「青春の詩」はバイブルだ
「青春とは年齢を言うのではなく心の持ち方を言う。人は年を得ることで老得るのでなく希望を失うとき老得るのである」

75年前マッカーサーの執務室に掲げられたこの詩を関西の財界人が広めた。
彼女等にマッカーサーや敗戦を教えても教科書に載っていました。

今はそのような時代だ当時マッカーサーは50歳前後で在ろう。理想に燃えてた。
その日本は高度成長の下アメリカ民主主義によって豊かさを味わってるがこれが民主主義とも思えない、そのうち厄介な事に成ろう。


豊かさとともに日本人が卑しくなった。
政治家権力者達が金に群がる。選挙民も同じだ


その意味で清流さんの持つ理想を墓の中まで持つのは青春か?

私など現実問題に負われそれどころではない、入院患者を診てると高齢化社会温暖化の前に押し寄せてきて日本の財政どうする。

我々世代までは何とか持ちそうだこの病院にしろ膨大な負債を抱え生き残るための分業化がどんどん進む。
そこに隙間産業が入り込む。「生物と無生物」の間を読んでると命とは何か生きるとは興味は尽きない面白い世の中だ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:384/5642 《前のページ | 次のページ》
/5642