teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:341/5650 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

覇権主義を止めるにはめるには

 投稿者:団塊の一人  投稿日:2021年 8月 1日(日)15時14分38秒
  通報 返信・引用
  多様性社会」について、朝日新聞、毎日新聞が社説で述べていたとは知らなかった。
大手広告主の意向への忖度第一の全国紙も、たまには見識ある記事を載せることがあるとは、
時には目を通す価値ありそう。
 自民党の応援団と化している読売や経団連の機関紙的役割を担う産経などは、その姿勢が明確なので、バイアスを前提とすれば読む価値あるが、公正中立・社会の木鐸を装いながら、その実は大手資本への忖度から都合の悪い事実を報道しない、あるいは報道しても2,3行のベタ記事で済ます全国紙を、考えてみたら長いことみていなかった。
 時には目を通すことにしよう。

 それはさておき、歴史をみても有史以来悲惨な事実は数知れないが、資本資本主義が勃興してからの世界は至るところでの紛争という名の虐殺・悲劇が激化し増加している。
 経済成長を金科玉条とする限り当然のこと。
チベット、ルワンダ、ソマリア、コソボ、シリア、ロヒンギャ、ウィグル、少し古くはウンデットニー、ナチスのホロコーストと、正視できない事象には枚挙に事欠かない。特に、強欲資本主義下で覇権主義に陥った国々は戦前の日本も含めて尽くそれらに加担してきた。
 西洋資本主義のアンティテーゼとしてのイスラム原理主義者の一部が過激化してテロに走るが、あれも変質した名誉欲・権力欲のなせる業。
 これらを止めるにはどうしたら良いか。非難し反対の声を挙げようと、経済制裁と称する攻撃を行うとまた武力で威嚇しようと、何らの効果が無いことは歴史が証明している。
 非難は逆効果であり、論破しても効果は得られない。
むしろ、誹謗中傷や非難を受けるほど狂信的な者は過激化するだけであり、他を貶めることに血道を上げるだけ。
 物欲・権力欲・名誉欲まみれの者を権力者にはしない社会を構築するしか道はなかろう。

それにしても、日本語と日本人は素晴らしい。日本人とは何か。日本語で暮らし、日本を愛し日本の歴史を正負併せて学び、日本人に通底する縄文以来の、自然により沿い、自然を愛し、争いを避け自然と他人とも調和する心性を身につけた者。外来のものは何でも一応受け入れ時間をおかずに日本的なもの、日本流のものに変容してきた。
 残念なことに過去、幾度かその日本が「狂った」時期がある。12世紀、15世紀、いき、16世紀、そして20世紀前半。
特に日清日露の両戦役後にはまさに「西洋かぶれ」して覇権主義へと走り、自国民どころか多くの他国民まで犠牲にした。  世界は、儒が否定した覇権主義者達が支配しているのは事実だが、その轍を日本人がまた踏むようなことは何としても避けたい。本来の薩摩の哲学は陽明学の影響を強く受けて革命を容認するが、また奄美・琉球諸島の植民地支配の犠牲になり立ったことも事実だが、それら負の遺産を正視しながら、
 「詮議を尽くして 議をいうな」「負けるな(己にあ9、嘘を言うな、弱い者を虐めるな」
という普遍的教えを、多様性ある調和を目指す止揚和解の哲学に昇華していく以外に方向性はなかろう。
 習近平政府の過ちも金王朝の専制も、さらには米国の正義が世界の正義と押しつける米国の横暴も、それらを止める手立てを私は持たない。一部の者が声高に叫ぶ覇権国家への誹謗中傷も何ら効果がないだけでなくむしろ逆効果になりかねないことは自明の理。
 何ら権力を持たない者としては、迂遠な方法でも回り道でも機会ある毎に祈りにも似た気持ちで訴えて行くだけである。非力の故か、他に展望を開く方向性を知らない。人類自滅を避ける方法があり、それが自分にも可能な方法なら直ぐにでも着手したいのであるが・・・・
 
 
》記事一覧表示

新着順:341/5650 《前のページ | 次のページ》
/5650