teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:232/5648 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

世界江戸。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 81歳  投稿日:2021年 9月25日(土)18時27分3秒
  通報 返信・引用
   地球的調和時代は世界的江戸時代から。

 戦国時代を俯瞰すれば、桶狭間の戦いから大坂の陣までの55年間ほぼ全ての戦いに参加し、存在感を放ち続けた人物は家康を置いて他にいません。さらに戦国の世を終わらせ250年の平和を実現しました。こんな人物は世界史を見渡してもいないのです。
 家康は、コロナ禍に苦しむ私たちに生きるヒントを与えてくれます。その一生が苦難の連続だったからです。どんな苦難にも愚直なまでに真剣に向き合い、真理を見極める胆力を養いました。今に伝わる「神君遺訓」には、示唆に富む言葉が並びます。「人の一生は重荷を負いて遠き道をゆくが如し いそぐべからず」が有名ですが、「こころに望みおこらば、困窮したる時をおもいだすべし」「おのれを責めて人をせむうな」なども、味わい深いものではないでしょうか。  安部竜太郎氏の言葉。
 引用文献:コロナ下生きるヒント 安部龍太郎さんに聞く 連載「家康 飛躍編」を終えて 南日本新聞2021年(令和3年)9月25日土曜日。

 「世界江戸。」で検索すると、「人口100万人、江戸は世界一の大都市であった。」などがヒットする。
 「世界江戸。甲突川」で、「koutukigawa,jp:地球的調和時代を不戦の星の上に。」などがヒットした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:232/5648 《前のページ | 次のページ》
/5648