teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:299/5789 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

政治健康。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 81歳  投稿日:2021年11月 7日(日)07時26分34秒
  通報 返信・引用 編集済
   社会の健康は政治の健康から。
 政治の健康は政治家の哲学の健康から。
 政治家の哲学の健康は選挙民の哲学の健康から。
 選挙民の哲学の健康は教育の健康から。

 世界中の子どもたちに、よい幼児教育を。薩摩教育を今に活かして、世界へ未来へ。

 薩摩政治家への期待。
 斉彬・西郷・大久保。保岡・徳田。川内・宮路・保岡。

 幕末・明治維新の時代を駆け抜けた郷土の英雄たち。わたしは、西郷さんや大久保さんの偉大さにあらためて思いを深くいたします。振り返ると、これまで政治家として大きな決断を迫られたとき、わたしは敬愛する西郷さんが残された言葉を思い起こしていました。
 西郷さんが語られた言葉や教訓は「西郷南洲翁遺訓」として残っています。そのいずれもが心に染み入る珠玉の言葉ですが、なかでむ、政治の基本を説いた第一か条は政治の要諦を端的に示すものとして、心に刻んでまいりました。
 国の最も基本である憲法の改正は、与野党の立場を超えて話しあうべきものであり、少なくとも具体的な憲法改正のプロセスが始まったら、政治家は政局から離れて協議する覚悟で臨むべきであると思います。  保岡興治氏の言葉。
 引用文献:保岡興治著 政治主導の時代 統治構造改革に取り組んだ三十年 中央公論新社 2008年1月25日初版発行。

 「平和憲法の次は調和憲法。」で検索すると、「鹿児島市医報:みんなの地球を、みんなのために、よりよい星に。」などがヒットする。
 「平和憲法の次は調和憲法。甲突川」で、「地球を健康にする憲法を。」などがヒットした。
 「平和憲法の次は調和憲法。納利一」で、「地球的調和時代は世界的江戸時代から。」などがヒットする。

 
 
》記事一覧表示

新着順:299/5789 《前のページ | 次のページ》
/5789