teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


よい教育で地球的調和時代を。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2018年12月13日(木)21時23分9秒
返信・引用
   よい教育で世界平和・地球調和・地球的調和時代の実現・永続を。人間・社会・自然地球の健康・調和・永続のために。

「よい教育で地球的調和時代を。甲突川」で、検索すると、「世界中の子どもたちに言葉と哲学の教育を。」などがヒットする。
 
 

何をすべきか。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2018年12月13日(木)06時28分22秒
返信・引用
   やらなくてもよいことは、しない。やるべきことは、する。

 生まれた、いのちは死ぬまで生かされる。何をすべきか。

 毎日は、食べて・話して・眠るのくりかえし。何を話すか。

 食べて・感謝し・恩を送り・眠る。目が覚めれば、そのくりかえし。
                 目が覚めなければ、食べれない・話せない・眠り続けることになる。
 

Re: 古典を学び古典に学ぶ

 投稿者:瀬戸山豊74歳  投稿日:2018年12月10日(月)13時26分24秒
返信・引用
  知分73歳さんへのお返事です。

2年11っか月も続ける凄いものです。続ける事がいかに大変か?私も経験しております。
40年ほど前現役の頃第三木曜かと言う異業種の会を20年程月一で続けました。鹿児島に赴任して間がない人達に「鹿児島とはいかなるところか?」をコンセプトに続けその時知り合った人脈はその後の私の大きな資産となりました。

東京に帰った彼等とはその後も続き今は息子に引き継がれてるみたいで、最近鹿児島で行われた「鹿児島県人世界大会」に息子もミャンマーから参加しており東京から参加してた多くの私の知り合いに加え彼等に紹介されたもっと多くの人脈が出来てるみたいで古典と同じで在ろうと思います。
ただ最後の頃は疲れ果てて辞めましたが先日ある人から別なところで木曜会と言うのがありますよ!との事でした。



>  瀬戸山様、ふうさん様へ
>  早速のお返事を有り難うございます。
>  お二方のお考えには、全身全霊で同意し、かつ、いつもながら敬意を表する次第です。
>  私どもの古典塾は、かつては中学校の理科教師だった者が、素人芸で塾長を務めておりますので多くは期待できません。
>  それでも、何かはできるのではないかと、あちこちの古典や新刊をあさりながら、毎月の資料を作っている次第です。
>  一応はできた資料も、見るたびに修正箇所が見つかり、推敲とは永遠の作業だと今更ながら実感し、最後は諦める日々です。
>  人はあくまでも「我が道を行く」ことが最良であると、ふうさん様に同感です。それ以外にはできないのではないでしょうか。
>  瀬戸口様の言われるとおり、同窓会に出られるというのは、いろいろな面で恵まれているが故ですよね。有り難いことです。
>
> 余談ながら、
>  間もなく2年と11ヶ月になる4㎞のノルディック・ウオーク(ポール・ウオーキング)が、昨日で通算3千㎞に達しました。
>  趣味にしている沖磯での釣り(メジナ狙い)は、今年の温暖化で海水温度が20℃(10月なみ)で今のところさっぱりです。
>  因みに、小生の長女も鹿児島大学のヨット部に在籍し、平川港での合宿などで真っ黒になっておりました。不思議な御縁ですね。
 

調和医療。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2018年12月10日(月)07時25分37秒
返信・引用
   古今東西の知恵を集めて、よい医療を。医療の健康から人間・社会・自然・地球の健康・調和・永続を。

 健康なよい医療を目指としている医療を「調和医療」と呼ぶことにしたら、どうであろうか。

 「調和医療。甲突川」をキーワードに検索すると、
    「古今東西調和医療。」、
    「鹿児島市医報:学校保健の健康から人類の健康と永続を。」、
    「鹿児島市医報:みんなの地球を、みんあのために、よりよい星に。」、
    「鹿児島市医報:人類永続・生物永続の地球調和づくり。」、
    「甲突川健康新聞:地球的調和時代を不戦の星の上に。」などがヒットする。
 「調和医療座談会。甲突川」で、
    「三ごの理想。」などがヒットした。
 

やるべきことは何か。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2018年12月10日(月)06時54分13秒
返信・引用
   やらなくてもよいことは、しない。やるべきことをする。

 世界平和・地球調和・地球的調和時代の実現・永続。人間・社会・自然・地球の健康・調和・永続のために。やるべきことは何か。

 やるべきことは「よい教育」ではなかろうか。

 古今東西の知恵を集めて「よい教育」を。地域へ・世界へ・未来へ。

 「よい教育。甲突川」をキーワードに検索すると、
    「教育の目標は何か。」、
    「世界中の子どもたちに言葉と哲学の教育を。」、
    「鹿児島市医報:人類永続・生物永続の地球調和づくり。」などがヒットする。
 「地域へ・世界へ・未来へ。甲突川」で、
    「戦争予防・世界平和・地球調和。」、
    「鹿児島市医報:学校保健の健康から人類の健康と永続を。」などがヒットした。


 

感謝・恩送り・調和の幸せ。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2018年12月 8日(土)21時37分46秒
返信・引用
   毎日は、食べて・話して・眠るの、くりかえし。

 食べて・感謝し・恩を送って・眠る。調和の幸せは、このくりかえしから。

 「感謝・恩送り・調和の幸せ。甲突川」をキーワードに検索すると、
     「鹿児島市医報:みんなの地球を・みんなのために・よりよい星に。」、
     「鹿児島市医報:われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず・みんなが調和し幸せに。」などがヒットする。
 

感謝し、恩を送る

 投稿者:知分73歳  投稿日:2018年12月 8日(土)10時43分36秒
返信・引用 編集済
  納先生へ

最近、ちょっとした慶事があり、私を今日あらしめた60年昔の大恩人に、先日、感謝の墓参に参りました。
己の人生を振り返ると、要所要所においてすばらしい方々と巡り会うことができ、実に幸運に恵まれた人生で
あったと、ただ感謝あるのみです。それに比して、己の才と努力がいかに微々であったか。
では、「己が受けたそのたくさんの恩を、後生にいくらほど送ることができたのか」と問われると、内心忸怩
たるものがあり、恥ずかしくなります。
 先輩、同僚、後輩、多くの教え子たち、これらの方々から受けた恩の「万分の一」も送っていないように思
います。
これらを残された生涯でいかに送ることができるかが、それが今の私の課題です。
 

古典を学び古典に学ぶ

 投稿者:知分73歳  投稿日:2018年12月 8日(土)10時09分46秒
返信・引用
   瀬戸山様、ふうさん様へ
 早速のお返事を有り難うございます。
 お二方のお考えには、全身全霊で同意し、かつ、いつもながら敬意を表する次第です。
 私どもの古典塾は、かつては中学校の理科教師だった者が、素人芸で塾長を務めておりますので多くは期待できません。
 それでも、何かはできるのではないかと、あちこちの古典や新刊をあさりながら、毎月の資料を作っている次第です。
 一応はできた資料も、見るたびに修正箇所が見つかり、推敲とは永遠の作業だと今更ながら実感し、最後は諦める日々です。
 人はあくまでも「我が道を行く」ことが最良であると、ふうさん様に同感です。それ以外にはできないのではないでしょうか。
 瀬戸口様の言われるとおり、同窓会に出られるというのは、いろいろな面で恵まれているが故ですよね。有り難いことです。

余談ながら、
 間もなく2年と11ヶ月になる4㎞のノルディック・ウオーク(ポール・ウオーキング)が、昨日で通算3千㎞に達しました。
 趣味にしている沖磯での釣り(メジナ狙い)は、今年の温暖化で海水温度が20℃(10月なみ)で今のところさっぱりです。
 因みに、小生の長女も鹿児島大学のヨット部に在籍し、平川港での合宿などで真っ黒になっておりました。不思議な御縁ですね。
 

食べて・感謝し・恩を送り・眠る。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2018年12月 8日(土)07時27分36秒
返信・引用 編集済
   老人の仕事は恩送り。
    食べて・感謝し・恩を送り・眠る。
 目が覚めれば、食べて・感謝し・恩を送り・眠るの、くりかえし。
    一生勉強・生涯現役・臨終定年。
 目が覚めなければ、食べなくてよい、眠り続けてよい。

 先人の御恩を受けて、われづくり。御恩返しは明日への、ひとづくり。われづくり・ひとづくり・かけはしづくりの恩送り。
    親の恩は子に送れ。
    先輩の恩は後輩に。
    先祖の恩は子々孫々に。
 過去人からの恩を現在人に活かし、未来人へと恩送り。人間・社会・自然・地球の健康・調和・永続のために。

 「老人の仕事は恩送り。甲突川」をキーワードに検索すると、
    「老人は死んだつもりで、生きよう。」、
    「恩送り・多世代交流。」、
    「鹿児島市医報:われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず・みんなが調和し幸せに。」、
    「鹿児島市医報:みんなの地球を・みんなのために・よりよい星に。」などがヒットする。
 「一生勉強・生涯現役・臨終定年。甲突川」で、
    「理想の人生。安心の三ご(老後・最期・その後)。」などがヒットした。
 「われづくり・ひとづくり・かけはしづくり。甲突川」で、
    「ひとづくり甲突川。」、
    「人間づくりは、おだやかな心づくりから。」、
    「世界中の子どもたちに、言葉と哲学の教育を。」、
    「教育の目標は何か。」、
    「鹿児島市医報:人類永続・生物永続の地球敵調和づくり。」などがヒットする。
 「健康・調和・永続。甲突川」で、
    「もりづくり甲突川」、
    「日本社会の病気の原因と治療。」、
    「三ごの理想。」、
    「鹿児島城西ロータリークラブ:地球的調和時代の実現永続のために。」などがヒットした。
 
 

Re: いろいろと考えさせられます

 投稿者:ふうさん  投稿日:2018年12月 8日(土)00時01分0秒
返信・引用
  > No.3729[元記事へ]

   瀬戸山さんへ

 脇から すみません。

 故人ですが、昭和10年生まれの、母の弟も北辰会でヨット部でした。
 学生時代の話しをイロイロと、クドクド聞かされました。
 当時はウルサク感じましたが、今は懐かしくてタマリマセン。

 横から失礼しました。

> 知分73歳さんへのお返事です。
>
> 私も10月初め鹿児島大学ヨット部70周年OB会にでました。
> 全国から60人程のOBがレインボー桜島に集まり飲み明かしました。かっての紅顔華麗な人達もすでに秋声です。我々世代は当時50人程入部しましたが最後は13人程で4人程が出ました。
> 先輩後輩の話を聞きながらそれぞれの人生を歩いて来たのであろうと思います。
>
> 500人程のOBの中で来た人達はまだ恵まれてるのであろうが、その後ろに来れないOB達の人生はどうあるのだろうか?どうであれ青春の思い出は楽しいものです。
>
> それは良いのですが先日のシルバーセンターの集まりには気持ちが悪いしこの押し迫る集団がどうなるのか?
> ゾーとしますが目をそらそうそらそうとする。
> 日本民族の持つ無常観は現実から目をそらす事ではなかろうと思うがどうも夢みたいな空想を生み出すみたいで国際社会にあっては最悪であろう。
> 私自身は走りながら死ねれば良いな!とは思ってはいますがそうはならない
>
>
>
>
> >  一昨日は、毎年恒例の大学の同窓会でした。重い病に苦しんでいる友、最近配偶者を
> > 亡くした友、配偶者の介護に追われている友、農業に生き甲斐を見つけている友など、
> > 己の年齢とこれからの行く末をいろいろと考えさせられた集まりでした。
> >  昨日は30数年前から大変お世話になった方の葬儀式でした。厳しく叱られたことも
> > あった方の遺影は、花に囲まれながら優しく微笑んでおられました。(合掌・礼拝)
> >  昨夜は、50年昔に私から1年だけ中学理科を習った65歳の教え子(こう呼ぶのも
> > 憚ばかられますが)から、とても優しい電話があり、思わず落涙の不覚でした。
> >  先人達の戯言かも知れない古典でも、己の姿を映し出す鏡にして振り返る機会にはな
> > るかも知れないと独り合点をしつつ、月1回ながら今月で146回になります。我慢強
> > く付き合ってくださっている塾生の皆様方には、ただただ感謝あるのみです。
> >  生きていくということは、多くの方々のお陰様を蒙っていくということを、改めて思
> > い知らされた日々でした。 
 

レンタル掲示板
/369