teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


宇宙運転。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 81歳  投稿日:2021年 4月14日(水)06時43分3秒
返信・引用
   地球人が何を考え、何をするかで地球の未来が変わる。地球人は地球の責任生物である。
 人は宇宙の一点、小宇宙。人の心は宇宙の運転手。

 「宇宙運転。甲突川」で検索すると、「地球的調和時代を不戦の星の上に。」などがヒットする。
 
 

Re: 「日本の一番長い夏」

 投稿者:ふうさん23  投稿日:2021年 4月13日(火)21時47分6秒
返信・引用
  > No.5597[元記事へ]

 昭和38年とは、東京オリンピックの
準備中のときですね、、、。
考えさせられますね。

天皇陛下から御言葉をいただき、賜り、
拝謁がかなって
とてもとても有り難く感じたのも、昭和天皇陛下と。
大先輩が言われて居りましたが、今にして
こういうことであったのかと考えることでした。

考え方、思いは時代と共に、時と共に変わりつつありますが、
これからどうなっていくのだろうかと
思い方です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

>  半藤一利著昔読んだ気がしてるが本棚に見つからないので図書館に申し込んで居たら先週来たので読んでみるとS38年の文芸春秋30人程の対談集だ、これを基本に書かれたのであろう。当時まだ8月15日に生きてた政府始め軍人将校戦地に居た要人達がいたのであろう。
> 物凄く生々しい、その後40年して対談してるが4人しか生きてない。
>
> S38年と言えば私は大学に入学した年て文春など読んだこともなかった。
> 半藤氏が文春の司会者としてまとめてるが彼も昨年亡くなった。読んでると8月15日の前7月27日にポツダム宣言が出されてる。
>
> 私もドイツポツダムへ行ってその様子の資料館を見学したが感無量な物があった。
> 天皇は外電を見てよろしいのではないかといわれたらしいが軍部が国体がどうか書いてないと言う事で閣議がもめ決められない、天皇は自分はどうでも良い国民の事を考えていたのであろう。日本はソ連に仲裁を期待して遅れに遅れる。振り返るとバカな期待をしたものだと歴史は教えるがそれも後付けで在ろう。
>
> 共産党勢力を伸ばそうとするロシアを封じ込めるためアメリカは原爆投下に踏み切る。
> ひどい話だが現代も同じような事が国際情勢の中にあるのであろう。
> 国際社会は複雑怪奇で話し合いで決めるなど不可能だ国連など役に立たない
>
> 平和は確かに大事だが覚悟がいる今日本民族に覚悟はあるのか?
> 平和が大事だアッパカパと言ってれば出来るのか?読みながら空恐ろしくなる。
>
>                
 

連携調和。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 81歳  投稿日:2021年 4月13日(火)10時50分36秒
返信・引用
   連携調和永続。

 「連携調和。」で検索すると、「鹿児島市医師会病院。」、「鹿児島生協病院。」などがヒットする。
 「連携調和医療。」で、「かかりつけ医連携手帳。」、「医師会とは何かを哲学すべき時。」などがヒットした。
 「連携調和永続。」で、「学校保健の健康から人類の健康と永続を。」などがヒットする。
 

人は宇宙。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 81歳  投稿日:2021年 4月13日(火)05時51分6秒
返信・引用
   人は宇宙・宇宙は人。

 一点ありて全体あり・全体ありて一点あり。
 人は宇宙の一点、小宇宙。
 人の心は宇宙の運転手。
 地球人が何を考え、何をするかで地球の未来が変わる。
 地球人は地球の責任生物である。

 「人は宇宙。甲突川」で検索すると、「地球的調和時代を不戦の星の上に。」などがヒットする。
 「宇宙の運転手。甲突川」で、「われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず・みんなが調和し幸せに。」などがヒットした。
 

「日本の一番長い夏」

 投稿者:瀬戸山豊77歳  投稿日:2021年 4月12日(月)14時51分34秒
返信・引用
   半藤一利著昔読んだ気がしてるが本棚に見つからないので図書館に申し込んで居たら先週来たので読んでみるとS38年の文芸春秋30人程の対談集だ、これを基本に書かれたのであろう。当時まだ8月15日に生きてた政府始め軍人将校戦地に居た要人達がいたのであろう。
物凄く生々しい、その後40年して対談してるが4人しか生きてない。

S38年と言えば私は大学に入学した年て文春など読んだこともなかった。
半藤氏が文春の司会者としてまとめてるが彼も昨年亡くなった。読んでると8月15日の前7月27日にポツダム宣言が出されてる。

私もドイツポツダムへ行ってその様子の資料館を見学したが感無量な物があった。
天皇は外電を見てよろしいのではないかといわれたらしいが軍部が国体がどうか書いてないと言う事で閣議がもめ決められない、天皇は自分はどうでも良い国民の事を考えていたのであろう。日本はソ連に仲裁を期待して遅れに遅れる。振り返るとバカな期待をしたものだと歴史は教えるがそれも後付けで在ろう。

共産党勢力を伸ばそうとするロシアを封じ込めるためアメリカは原爆投下に踏み切る。
ひどい話だが現代も同じような事が国際情勢の中にあるのであろう。
国際社会は複雑怪奇で話し合いで決めるなど不可能だ国連など役に立たない

平和は確かに大事だが覚悟がいる今日本民族に覚悟はあるのか?
平和が大事だアッパカパと言ってれば出来るのか?読みながら空恐ろしくなる。

               
 

Re: サードアイ。

 投稿者:ふうさん23  投稿日:2021年 4月12日(月)07時02分18秒
返信・引用
  > No.5582[元記事へ]

若しかしたら
『為せば成る』で、、、
失われたモノ、失われつつあるモノも
再生できるかも知れないと
思いつつあります。

--------------------------------------------------------------------------------

>  ちかごろ眼に自信が無く、眼の調子がオカシイので、
> 思い出した、『サードアイ』を調べだした。
>
>  第3の目、『松果体』。
> サードアイが開眼すれば、現実的に
> 補助的な眼になるのかどうか??
>
>  両眼の奥にあるらしい松果体の活性化により、自己が進化し、
> 成長していくのだろうかどうか??
>
>  松果体『第3の目』を覚醒させて、
> これを自由にコントロールできるようになるかどうか。
>
> 『人生とは何か。
>  人生とは恩送りである。
>  先人のご恩を受けて  』
>
 

Re: 薩摩教育:孝行和讃(宣契上人作)。

 投稿者:ふうさん23  投稿日:2021年 4月12日(月)06時47分8秒
返信・引用
  > No.5594[元記事へ]

 孝経の一文を
再読して居ります。

 神経を太くして、大きく呼吸をして
過ごしています。


[古  文  孝  経(こうきょう)]

  身体髪膚(しんたいはっぷ)、これを父母に受く。  あえて毀傷(きしょう)せざ
るは孝(こう)の始めなり。
  身を立て道を行い、名を後世(こうせい)に揚げ(あげ)、  以て(もって)父母
を顕(あらわ)すは孝の終わり也(なり)。

  子曰く(しいわく)。
    親(おや)を愛(あい)する者は、敢(あ)えて人を悪(に)くまず。
    親を敬(けい)する者は敢えて人を慢(あなど)らず。
    愛敬(あいけい)親に事(つか)ふるに尽くし
    然(しか)る後  徳教(とくきょう)百姓(ひゃくしょう)に加(くわ)わり
    四海(しかい)に刑(のつと)る。
    蓋(けだ)し天子(てんし)の孝也。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

>  それ人間と生まれては、まず孝行の道を知れ。親に不幸の輩は、鳥獣にも劣れりと古人は恥しめ置かれたり。其の孝行のおもむきは、親の心を喜ばせ、苦労をかけじと慎みて、遊所徘徊、遊山事、大酒口論人あやめ、博奕徒党強訴せず、総て公儀の御法度を、背かぬように相守り、朝早く起き遅く寝て、各々家業を怠らず、所の役人年上の、人をあがめて軽しめな。
>
>  薩摩教育を今に活かして世界へ未来へ。家族は調和合流永続家族でありますように。時代は地球的調和時代でありますように。人間社会自然地球宇宙の健康調和永続のために。
>
 

薩摩教育:孝行和讃(宣契上人作)。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 81歳  投稿日:2021年 4月11日(日)19時29分28秒
返信・引用 編集済
   それ人間と生まれては、まず孝行の道を知れ。親に不幸の輩は、鳥獣にも劣れりと古人は恥しめ置かれたり。其の孝行のおもむきは、親の心を喜ばせ、苦労をかけじと慎みて、遊所徘徊、遊山事、大酒口論人あやめ、博奕徒党強訴せず、総て公儀の御法度を、背かぬように相守り、朝早く起き遅く寝て、各々家業を怠らず、所の役人年上の、人をあがめて軽しめな。
兄を敬い弟を恵みて、親類睦ましく。悪しき人には遠ざかり、益ある友を慕うべし。婚礼するには其容儀、里の貧富にかかわらず、親に孝行ある人を、求めて宿の妻とせよ。
 普請諸道具きるものも、身の分限を顧みて、奢りを慎み倹約し、借りたるものを早返し、なるたけ借財せぬように心にかけて、道ならぬ利得を欲しがることなかれ。
 女子は嫁入りする先の、しゅうとめしゅうとを父母と、思うて厚く孝行し、りんき嫉妬を慎みて、夫に貞節怠るな。もし先妻の子があらば、おろそかにすな幼子を、後に残してゆく人の、永き別れの悲しさは、いかばかりぞと思いやり、実の母になり代り、深く憐み育つべし。
 親子兄弟嫁姑、夫婦の間和らぎて、怒り罵ることなきは、いともめでたきことぞかし。幼き時は両親を、暫しがうちも離れじと、慕いしものを妻や子の愛にひかれていつとなく、疎くなり往くうたてさよ。我が子を憐れむ心もて、親の慈悲をもおしはかり、子を持つ人はわけてなほ、父母に孝行励むべし。また奉公する人は、主人を親と同様に、陰陽なく敬いて、其身惜しまず仕うべし。もし父母が愚かにて、わけなく己を憎むとも、我が孝行の足らねばと自らせめて露ほども、親をうらむことなかれ。
  父母に孝行する人は子孫の栄も思うべし。家の繁盛するせぬは子の善悪によるぞかし、子をよく育てあぐるには、常々親の為す業がよければ子もよくなるものぞ、いか程きびしく叱りても、親の身持ちが悪しければ、おのづと子供も不埒なり。とはいえたとい父母が、不道放埒なりとても、子はまねをせず身を修め、折を見合わせいさめつゝ、正しき道に誘い入れ、親に悪名とらすなよ。
 もし父母が後の世を、願う心を起こさずば、朝な夕なに神仏の、冥加を深くこい願い、よりより勧め誘いて仏の道に入らしめよ。両親先祖の追善は、其のほどほどに従いて、供仏施僧の善をつみ、人目をからざず、真実に菩提の為に回向せよ。手向けの誦経念仏を、僧に頼みて足れりとし、自らせぬは粗略なり、なるたけ自身も勤むべし。親の存命せし時に、いか程孝行ありとても、死しての後の追善を、おろそかにする輩は、孝を尽くすに非ずとは、八幡宮の託宣ぞ。
 遠きを追いてねんごろに、親に孝行ある人は、神も仏も憐みて、常に守らせ給う故、其身も安く子孫まで、余慶をうくることぞかし。神明仏陀聖賢の、教えを守り孝行を、一期怠ることなかれ。

 薩摩教育を今に活かして世界へ未来へ。家族は調和合流永続家族でありますように。時代は地球的調和時代でありますように。人間社会自然地球宇宙の健康調和永続のために。
 

調和永遠。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 81歳   投稿日:2021年 4月11日(日)12時30分26秒
返信・引用
   調和幸福永遠。
 調和の幸せは永遠である。

 「調和永遠。」で検索すると、「われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず・みんなが調和し幸せに。」などがヒットする。
 

薩摩教育:出水兵児修養掟。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 81歳  投稿日:2021年 4月11日(日)07時32分44秒
返信・引用
   士ハ節義を嗜み申すべく候。
 節義の嗜みと申すものは口に偽りを言ハず身に私を構えず、心直にして作法乱れず、礼儀正しくして上に諂ハず下を侮らず人の患難をを見捨てず、己が約諾を違えず、甲斐がいしく頼もしく、かりそめにも下様の賤しき物語り悪口など話の端にも出さず、譬え恥を知りて首刎ねらるゝとも、己が為すまじき事をせず、死すべき場を一足も引かず、其の心鉄石の如く、又温和慈愛にして、物の哀れを知り人に情けあるを以て節義の嗜みと申すもの也。
 引用文献:語り継ぐ かごしまの教え集 少年少女へのメッセージ 平成19年3月第一刷、平成24年10月第四刷鹿児島県発行。

 薩摩教育を今に活かして世界へ未来へ。家族は調和合流永続家族でありますように。社会は地球的調和時代でありますように。人間社会自然地球宇宙の健康調和永続のために。
 

レンタル掲示板
/509