teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


どう生きる。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 6月29日(金)07時36分30秒
返信・引用 編集済
   おれが、おれがの我をすてて、おかげ、おかげの下に生きる。

 人は一人では生きていけない。みんなのおかげに生かされている。

 自分も幸せ、みんなも幸せ。みんなの範囲をよりひろく。世界のみんなが幸せ世界平和。地球の全生物が幸せ地球調和。
 
 

みんな仲よく

 投稿者:●之助  投稿日:2018年 6月29日(金)00時37分53秒
返信・引用 編集済
  面白い、ご指摘ですが、納利一先生と静流三世さんは別人です。

また、静流三世さんはこの掲示板開設当時からの参加者の方です。

小生にはどうでもいいことですが。

ただ、コンピューター・Web プログラムに詳しい知識があると
これも解析出来るののですが、

そこにここのHPのセキュリティ問題の危うさが潜むのですが。


例えば、為政者または将来政権を転覆させようとする者にとって

不都合な意見を書くもの炙り出しに
簡単に使われてしまう。


「今日はアジサイが咲きほこり綺麗でした」的投稿なら問題ないのですが

また、『世界各国みんな仲よくしよう』これは、今だったらそんなに問題ないのですが

これが、90年前の、ある連中にとっては鼻持ちならない『うざい!奴らだ』・・・日本は!

これが、米国の第二次世界大戦参加と

米国が日本を駆逐してもらえたらありがたい工作・プロパガンダがはじまるのですか。

https://www.youtube.com/watch?v=lQo2FVfbiyw  (6分)  (何と無く今と似ているような・・・・・)

そして日本は平和を望み譲歩していく

にもかかわらず・
・・・・・無視・・・・


終戦後は、とにかく君らのお父さん・お爺さんは悪いことをした

その天罰が当たった。の教育?(洗脳)が

お馴染みの答えのある教育

分かり易く、解説された動画があると

下記動画でも 核心にをワザと触れないように  命は大事ですので

演壇 田母神 俊雄 (第29代)元航空幕僚長
https://www.youtube.com/watch?v=lS0u6as6KAM&t=12s  (7分)


ある連中とは(ソ連ではありません)

鳥羽・伏見の戦い戊辰戦争に使われたライフル銃(米国の南北戦争の中古品)を売った大本です。
グラバーはある意味使い走り
 

Re: 戦争予防。

 投稿者:瀬戸山豊74歳  投稿日:2018年 6月28日(木)15時17分2秒
返信・引用
  静流三世さんへのお返事です。

> 三方限古典塾の塾生 納利一 78歳さんへ

この匿名清流三世なるものからして胡散臭い、これまで投稿してる人間が別名で投稿してるのであろう。
私が最も嫌う人間の性です。
この種の人間は信用成らないと言う事です。裏に回ると何をするかしれない現代の薄っぺらい表層民主主義の見本です。
モットもっと外部からのアクセスが増えれば良いが内輪で回しても知れてますしバカバカしい論理のまやかしとしか思われないであろう。
違うとは思いますが納先生ではないでしょうね!朝日をはじめとする戦後のマスコミのまやかしが暴かれ始めた事は喜ばしい限りです。


>
>
>  そうですねぇー。 「戦争」、「軍備」「予防」「教育」。
>  教育が大切であることは、独裁者も、為政者も、強く唱えて居られますし、
> 反論する方も居られないでしょう。
>
>
>  昨日、20時に寝て、本日の朝1時半に起床。
>  世間が静かで、暗くて、することが無いので、
>  いま、暴走しています。
>  静かに流れる、渓谷の静かな流れ、清くないので「静流」。
>  11世であるけれど、「三世」。
>  きょうは年休なので、用事を早く済ませて、あと何をしようかと思案中。
>
>  古くは、交通戦争あり、受験戦争あり、企業間戦争、経済戦争、科学研究戦争などなど。
> この人間社会は、夫婦ゲンカ、兄弟姉妹ゲンカしながら成長して来ていますね。
>
>  じゃぁー、サッカーも、野球も、オリンピックも、「争う行為」を総て禁止したらどうか。
> 「戦争をする気力も無くなるのではないか」と云った人がテレビでありました。
> テレビから「CM」が無くなりますし、漫才も無くなるし、プロレスも、相撲も、無くなる。
> 争う行為は総て厳罰に法改正したら、どうでしょうか。
>
>  さて、どうでしょう。
> 最近、略奪婚というのもありましたし、難しいでしょう。
> 争いが無くなると、まず弁護士は食べていけなくなる、反対するでしょうしぃー。
> このあいだまで戦争反対って云いながら、ヘルメットに棒を振り回して居ましたし、
> 講壇上で、戦争好き○○がぁーと云いながら机を叩いて居た学者さん、
> 冷静であるべき方々が「論争」ってのもありますし。
> 「宗教戦争」ってのも、教祖、宗祖も同じで、争っているし。
>
>
>  とうぶん争いは無くならないと思われるに達しましたので、
> マズは自分からサッソク行動。
>
> 家内から、娘から、小言を言われてもグッと堪えて、穏やかに対応。
> 八方美人だと言われ、世間から相手にされなく成るかも知れないが、
> やる気が無いと評価されるかも知れないが、
>
> 唱えるよりもマズは実行。
> 見て、「良いことだ」と思う方は、習って行動するでしょう。
> みずから「範」となることを強くおすすめします。
>
> みなで「範」になりましょう。
>
>
> >  戦争予防には軍備予防よりも教育予防の方がよいのではなかろうか。
> >
> >  争いは本能。調和は理性。
> >  世界中の子どもたちに言葉と哲学の教育を。理性を育む教育を。おだやかな心づくりの教育を。
> >
> >  心がおだやかになれば、家庭がなごやかになり、親族がなごやかになり、地域・市町村・県・国・世界がなごやかになり、世界平和・地球調和が実現し、地球的調和時代が永続していくのではなかろうか。
> >
> >  「戦争予防。甲突川」をキーワードに検索すると、「戦争とは何か。」、「鹿児島市医報:みんなの地球を、みんなのために、よりよい星に。」などがヒットする。「軍備予防。甲突川」で、「火事は防火・病気は予防・争いはしない。」などがヒットした。「教育予防。甲突川」で、「鹿児島市医報:われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず・みんなが調和し幸せに。」などがヒットする。
 

鹿児島保健医療熟練者交流会。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 6月28日(木)06時49分44秒
返信・引用
   「鹿児島保健医療熟練者交流会。甲突川」をキーワードに検索すると、「人事交流世話人会。」、「ひろい意味の健康への道を求めて。健康づくり・むらまちづくり・かけはしづくり。」、「病院連合・診療所連合。」、「ひとづくり甲突川。」、「鹿児島市医報:われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず・みんなが調和し幸せに。」などがヒットする。  

リーダーの仕事。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 78歳  投稿日:2018年 6月28日(木)06時24分23秒
返信・引用
   リーダーはなにもしていないと思われてもよい。全体がうまくいくように配慮し続けているのがリーダーの仕事だ。   上石田哲夫先生の言葉。

 鹿児島市立甲南中学校3年生の時耳にしていた上石田哲夫先生の言葉が今朝ふと思い浮かんだ。
 

Re: 戦争予防。

 投稿者:静流三世  投稿日:2018年 6月28日(木)04時28分9秒
返信・引用
  > No.3451[元記事へ]

三方限古典塾の塾生 納利一 78歳さんへ


 そうですねぇー。 「戦争」、「軍備」「予防」「教育」。
 教育が大切であることは、独裁者も、為政者も、強く唱えて居られますし、
反論する方も居られないでしょう。


 昨日、20時に寝て、本日の朝1時半に起床。
 世間が静かで、暗くて、することが無いので、
 いま、暴走しています。
 静かに流れる、渓谷の静かな流れ、清くないので「静流」。
 11世であるけれど、「三世」。
 きょうは年休なので、用事を早く済ませて、あと何をしようかと思案中。

 古くは、交通戦争あり、受験戦争あり、企業間戦争、経済戦争、科学研究戦争などなど。
この人間社会は、夫婦ゲンカ、兄弟姉妹ゲンカしながら成長して来ていますね。

 じゃぁー、サッカーも、野球も、オリンピックも、「争う行為」を総て禁止したらどうか。
「戦争をする気力も無くなるのではないか」と云った人がテレビでありました。
テレビから「CM」が無くなりますし、漫才も無くなるし、プロレスも、相撲も、無くなる。
争う行為は総て厳罰に法改正したら、どうでしょうか。

 さて、どうでしょう。
最近、略奪婚というのもありましたし、難しいでしょう。
争いが無くなると、まず弁護士は食べていけなくなる、反対するでしょうしぃー。
このあいだまで戦争反対って云いながら、ヘルメットに棒を振り回して居ましたし、
講壇上で、戦争好き○○がぁーと云いながら机を叩いて居た学者さん、
冷静であるべき方々が「論争」ってのもありますし。
「宗教戦争」ってのも、教祖、宗祖も同じで、争っているし。


 とうぶん争いは無くならないと思われるに達しましたので、
マズは自分からサッソク行動。

家内から、娘から、小言を言われてもグッと堪えて、穏やかに対応。
八方美人だと言われ、世間から相手にされなく成るかも知れないが、
やる気が無いと評価されるかも知れないが、

唱えるよりもマズは実行。
見て、「良いことだ」と思う方は、習って行動するでしょう。
みずから「範」となることを強くおすすめします。

みなで「範」になりましょう。


>  戦争予防には軍備予防よりも教育予防の方がよいのではなかろうか。
>
>  争いは本能。調和は理性。
>  世界中の子どもたちに言葉と哲学の教育を。理性を育む教育を。おだやかな心づくりの教育を。
>
>  心がおだやかになれば、家庭がなごやかになり、親族がなごやかになり、地域・市町村・県・国・世界がなごやかになり、世界平和・地球調和が実現し、地球的調和時代が永続していくのではなかろうか。
>
>  「戦争予防。甲突川」をキーワードに検索すると、「戦争とは何か。」、「鹿児島市医報:みんなの地球を、みんなのために、よりよい星に。」などがヒットする。「軍備予防。甲突川」で、「火事は防火・病気は予防・争いはしない。」などがヒットした。「教育予防。甲突川」で、「鹿児島市医報:われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず・みんなが調和し幸せに。」などがヒットする。
 

夢 ・・・ Re: 先輩の教えに学ぶ

 投稿者:静流三世  投稿日:2018年 6月28日(木)02時55分18秒
返信・引用
  > No.3454[元記事へ]

未熟者さんへのお返事です。


 私も若い頃を思い出して、つい笑ってしまいました。
毎日、毎日が未来への、将来への投資なんですよね。今が。

 感じるということは、マダマダ伸びると云うこと。
成長するということ、成長できるということですね。

 大変ですが、頑張ってください。


 伸びしろが無くなると、「オマエはダメな奴」って、コトバが多く出るように成ります。
これから、困難な事だけでは無く、楽しいことも待っています。
この人生、苦しいことよりも、楽しいことの方が多いかも知れません。

 中学校を卒業して、就職して、夜間高校に行きながら営業職をがんばって、
政治家になり、そして大臣までなった方が今、居られます。
 あきらめたら、、、そこで終わりです。


> 昨日先輩に引っ付いて私は訪問させていただきましたが、先輩の頼もしい姿を見て
> 早くその背中に追いつきたいと感じるとともに自分がどれだけ未熟者なのかということを知りました。
> これから私にはたくさんの困難があると思いますが、先輩という目標をまずは目指してがむしゃらに努力したいと思います。
 

たいへんですが ・・・ Re: 後輩へつないでいく

 投稿者:静流三世  投稿日:2018年 6月28日(木)02時33分43秒
返信・引用
  > No.3453[元記事へ]

亜鉛小僧さんへのお返事です。


諸事をご指導いただける方が、誰か?居られるようで何よりです。
技や知識を伝えてくことは、とても難しいです。

 先輩から善悪を無報酬で学び、それを後輩へ、次代へとつないでいく。
みんな、我々も、そのようにして社会で成長してきました。

 亜鉛さんという、相棒さんを大切に育んでください。、


 人間、長く生きていると段々、先輩が居なくなり、消えて行きます。
自分より前が無くて、後ろは膨大に成ります。

 次代に続く者に、それぞれ個々に指導する力量が問われます。

 若い頃は一人一人に合った指導?が出来ていたものが、対象者が増えると
「オマエのの考え方はダメだ」の荒削りのコトバを発するように成りますね。
これは反省したい事柄です。今の私の状態です。

 たいへんですが、がんばられて ください。


> 昨日訪問させていただき後輩への立ち振る舞い、伝えることの難しさを痛感しました。。。
> 日々勉強、日々成長。亜鉛とともに伸びていければと。。
 

Re: ジムにおける身体測定

 投稿者:●之助  投稿日:2018年 6月28日(木)01時27分52秒
返信・引用 編集済
  この投稿は一連の連載投稿とは、関係ありません。

瀬戸山豊74歳さんへのお返事です。

それは何よりです。

このような方がおられ事を、下記にお知らせしておきます。

最近の若者は、・・・・・

むしろ、若者の方がしっかりしている。捨てたものではありません

まだまだ長生きして、お互い見とどけたいものです。

我々が知っていることがあればこれからの若者に役立ててほしいと思う。この頃

--------下記は闘病記 ーー----- (4年ぐらい前投稿したが削除されたが)
星野仁彦(71歳)福島学院大学教授、副学長。医学博士
現在ロマリンダクリニック心療内科医(1993年~)、福島県立医科大学講師。現役ドクター
42歳で大腸がんを患い
肝臓への転移が見つかったとき
突きつけられた数字が「5年生存率0%」。

この数字は病院のいかなる治療を受けても、
5年後には生きていないことを表している。

担当の外科医が当たり前のようにすすめる抗がん剤治療を拒否し
自身でさまざまな治療法を調べ、たどりついたのが、
ゲルソン療法」をもとにする食事療法だった。
5年生存率0%という統計をくつがえし、
がんと闘った医師とその家族の絶望が
希望に変わるまでを描いた、感動の闘病記。

https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AB%E6%9C%9F%E3%81%8C%E3%82%93%E3%82%92%E5%85%8B%E6%9C%8D%E3%81%97%E3%81%9F%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3%E7%99%82%E6%B3%95%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1-5%E5%B9%B4%E7%94%9F%E5%AD%98%E7%8E%870-%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E7%94%9F%E9%82%84-%E6%98%9F%E9%87%8E%E4%BB%81%E5%BD%A6/dp/4776206021/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1530114361&sr=8-1&keywords=%E6%98%9F%E9%87%8E%E5%BC%8F%E3%81%92%E3%82%8B%E3%81%9D%E3%82%93

> 2012年大腸がんと胃がんを患い体重が5キロ減り2013年からジムでトレーニングをはじめ74歳にして立っていしたがこの歳で立っていしても何か空しさだけが残る。
> 納病院での血液検査もどこも悪いところはありませんとか、この年齢でそのような事はなかろうと納先生に聞くとさすがに頭以外はとは言われなかったが幾分塩分が不足してるくらいですとか!
>
> もう苦しまないのであれば何時死んでも良いと思って生きてるがまだまだ面白い事がおきそうだ
 

Re: 先輩の教えに学ぶ

 投稿者:瀬戸山豊74歳  投稿日:2018年 6月27日(水)16時59分10秒
返信・引用
  未熟者さんへのお返事です。
実名で自信を持って意見を述べる。

あまりバカバカしいおべっちゃらを言わない事です。
昔から生きてる学歴でなく人間えらいわけでなく修羅場をどれだけ乗り越えて来たかの経験だけです。
歳を得ても体制の中に甘んじた人間達はバカは馬鹿です。若さとはそのような者です。

それを見抜く力を養うべきです。
ともかく生きてる事は面白い。




> 昨日先輩に引っ付いて私は訪問させていただきましたが、先輩の頼もしい姿を見て
> 早くその背中に追いつきたいと感じるとともに自分がどれだけ未熟者なのかということを知りました。
> これから私にはたくさんの困難があると思いますが、先輩という目標をまずは目指してがむしゃらに努力したいと思います。
 

レンタル掲示板
/344