teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 古典を学び古典に学ぶ

 投稿者:ふうさん  投稿日:2018年12月24日(月)23時51分13秒
返信・引用
  > No.3733[元記事へ]

  知分先生へ

 私などは「ホ」の無いことに
 熱心に取り組んで居るだけですが、瀬戸山さんは違います。
 つい瀬戸山先生と書き込んでしまうほど昔から毎日、深く勉強されています。
 それで、同列にお書き戴きますと、とても恥ずかしくて堪りません。
 あの方は別格です。

 さて、別の真面目な団体では、私ども憂国の有志は、
 毎年の12月23日に、天皇陛下の御誕生日に
 先人の慰霊祭を行なっておりますが、
 私は体調が不安定ですので、出席を休んでいるのですが、
 昨日は青年が慰霊祭の弁当を持って我が家に来ました。

 信じる道を歩んでいることを、何ら関係の無い者が
 トヤカク言う権利は法律にても保障されていません。
 そのような輩は相手にする必要が無いのです。
 それだけの者と言ふことが判明しただけのことであります。

 資料や物事を深く推敲して行くことは、とても楽しく、
 諦めかけては挑戦して、目的を達成して行くことは
 健康的で素晴らしいことだと考えて居る次第です。

 知らない者同士が知り合い、縁の糸を辿っていく。
 人生は楽しく、素晴らしいものですね。
 母の弟の一人は甲南から教育学部でしたが、
 ラクビーで大怪我をして、柔道部にかわりました。


>  瀬戸山様、ふうさん様へ
>  早速のお返事を有り難うございます。
>  お二方のお考えには、全身全霊で同意し、かつ、いつもながら敬意を表する次第です。
>  私どもの古典塾は、かつては中学校の理科教師だった者が、素人芸で塾長を務めておりますので多くは期待できません。
>  それでも、何かはできるのではないかと、あちこちの古典や新刊をあさりながら、毎月の資料を作っている次第です。
>  一応はできた資料も、見るたびに修正箇所が見つかり、推敲とは永遠の作業だと今更ながら実感し、最後は諦める日々です。
>  人はあくまでも「我が道を行く」ことが最良であると、ふうさん様に同感です。それ以外にはできないのではないでしょうか。
>  瀬戸口様の言われるとおり、同窓会に出られるというのは、いろいろな面で恵まれているが故ですよね。有り難いことです。
>
> 余談ながら、
>  間もなく2年と11ヶ月になる4㎞のノルディック・ウオーク(ポール・ウオーキング)が、昨日で通算3千㎞に達しました。
>  趣味にしている沖磯での釣り(メジナ狙い)は、今年の温暖化で海水温度が20℃(10月なみ)で今のところさっぱりです。
>  因みに、小生の長女も鹿児島大学のヨット部に在籍し、平川港での合宿などで真っ黒になっておりました。不思議な御縁ですね。
 
 

天長

 投稿者:ふうさん  投稿日:2018年12月24日(月)22時29分24秒
返信・引用
  『天長を言祝ぐ人、耶蘇の降誕を祝す方、それぞれに御無事の御越年をお念じ申し上げます。本年も一方ならずお世話になり、深謝致します。・・・・・。』といふメールが医者である友人から本日、届きました。
やはり広きココロで、偏らず、過ごして参りたいと思ふことでした。
 

Re: われにきびしく・心おだやかに。

 投稿者:ふうさん  投稿日:2018年12月24日(月)22時18分10秒
返信・引用
  > No.3757[元記事へ]

三方限古典塾の塾生 納先生へ

 学者さんの『定義』が、ゐろイロあるように
 何が正しくて、何が間違いであるとかは、
 時代を、超えて論議が重ねられておりますが、
 その方の人生で、感じ方、考え方が相違するのは当然であります。

 それで、自分が歩んできた道が正しくて、
 人の意見を、人様の主張を、お考えを
 とやかく言う権利は誰にもありませんので、言葉を慎みながら
 書き込まなければ成りません。これは社会のルールです。

 そういうことから下記は常に留意しなければならないことがらだと、
 考え居ります。


> 人を相手にせず天を相手にして、己を尽くし人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。 西郷隆盛の言葉
>
>  西郷どんのように、「われにきびしく・心おだやかに」を心がければ、わたくしたち凡人でも調和の幸せになれるのではなかろうか。
>
 

われにきびしく・心おだやかに。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2018年12月24日(月)21時02分11秒
返信・引用
   人を相手にせず天を相手にして、己を尽くし人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。 西郷隆盛の言葉

 西郷どんのように、「われにきびしく・心おだやかに」を心がければ、わたくしたち凡人でも調和の幸せになれるのではなかろうか。

 われにやさしく・うそつけば・みんなが争い・社会は病気。
 人の健康は心・体・気の調和。人間の健康は社会・自然・地球の健康の中にある。
 われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず・みんなが調和し幸せに。みんなあの範囲をよりひろく。世界のみんなが幸せ世界平和。地球の全生物が幸せ地球調和。

 「われにきびしく・心おだやかに。」をキーワードに検索すると、「おだやかな心・なごやかな家庭。」などがヒットする。
 

Re: 「なぜ生きる、どう生きる、どう死ぬ、その後はどうなる。」

 投稿者:ふうさん  投稿日:2018年12月24日(月)19時25分43秒
返信・引用
  > No.3752[元記事へ]

   三方限古典塾の塾生 納先生へ


 ふかく 心胆に堪えます、考えさせられます。

 ありがとうございます。


< なぜ生きる・どう生きる・どう死ぬ・その後はどうなる・その後をどうする。
                                    ・

『人生の目的は何か。生活の目標は何か。

  理想の目的、理想の目標、健やかな生老病死。

 なぜ生きる、どう生きる、どう死ぬ、その後はどうなる。

      考えなければ不安はない。考えはじめると、不安になる。考えるなら、

     なるほどそうだと納得し、安心できるまで考える哲学を。

          自分だけにしか通用しない自己流の空想哲学でもよいのではなかろうか。

 自然の森を川の上流に、下流に人間の森を。

        里山・里川・里海づくりが地球調和づくり。

理想の目的 は、人間・社会・自然が調和する人類永続・生物永続の地球調和づくり。

理想の目標 は、職業奉仕の、われづくり・ひとづくり・かけはしづくり。
老後の安心 は、かけはしの宿での多世代交流。われづくり・ひとづくり・かけはしづくり。

健やかな死 は、人間の森の中、かけはしの宿での衰欲枯死(スイヨク コシ)。

 その後の安心 は、自然の森の中、かけはしの庭、かけはしの森の土となる。土は生物をはぐくむ。

 我は天年、宇宙無限の中にあり。  』

 

五木寛之著「さらばモスクワ愚連隊」

 投稿者:瀬戸山豊74歳  投稿日:2018年12月24日(月)17時24分50秒
返信・引用
  私など74歳にして初めて読んだが
1966年作の直木賞で「15の夏」の佐藤氏など中学の頃すでに読んでたのであろう。
このような偏差値の人間とは何か?
私の周りに見た事ないが納先生などこの位の偏差値は会ったのであろう。私など当時22歳で北杜夫の世界にのめり込んだ、丁度良い偏差値の小説だったのだろうと思う。

私が思うのは狂信的右翼や左翼は良く分かるが佐藤氏のごとくバランスの取れた人間を知ると自分の人生は何だったのか?
納先生など狂信的とは思われないが共産党や創価学会みたいなものを感じてしまう。

今日私立図書館で在った「クリスマス読書バトル」に行った、市内の10人程の中学生がそれぞれの本をプレゼンしてて初々しく楽しかった。教師や付き添いの父兄を含め50人程が質問してたが佐藤氏程の偏差値の生徒は見当たらかった。日本は平和な国だと思う。
ただいつまで続くか?不安に感じる、平和が大事だアッパカパと言ってれば保たれるのか?
我々は残り少ない命大事にしたい。

 

古今東西未来調和の幸せ。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2018年12月23日(日)10時36分3秒
返信・引用 編集済
   世界中のみんなが幸せになるまでは一人の幸せもない。 宮沢賢治の言葉

 おだやかな心で、なごやかな空気を。
         なごやかな空気で、のどかな社会を。

 われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず・みんなが調和し幸せに。
 われづくり・ひとづくり・かけはしづくりは、おだやかな心づくりから。
 われづくり・ひとづくり・かけはしづくり・むらまちづくり・市町村県国づくり・世界平和づくり・地球調和づくり。
 地球的調和時代の実現・永続を。人間・社会・自然・地球の健康・調和・永続のために。


「世界中のみんなが幸せになるまでは一人の幸せもない。甲突川」をキーワードに検索すると、「鹿児島市医報:みんなの地球を、みんなのために、よりよい星に。」などがヒットする。
 

歴史 正しい 真実の歴史

 投稿者:●之助  投稿日:2018年12月23日(日)09時56分29秒
返信・引用 編集済
  今日は天皇誕生日いや天長節。

と同時に殉国七士の命日
でもある。

当時の皇太子の誕生日に敢えて死刑執行したGHQのせいで。

私にとっては祝って良いのか慎んで良いのかよくわからない日ですが、

天皇陛下の誕生日をお祝いする

と共に七士に御供えする為

三ケ根山で餅つき大会を開催したいと思います。


https://twitter.com/fil1219_com/status/1076617242635190273

GHQの仕打ちは酷い。

12月23日の0時ジャストで東条秀樹氏を絞首刑にした。

その後、次々に6人を絞首刑にした。

12月23日は、当時の皇太子、

今上天皇の誕生日を目指して、絞首刑を行ったGHQ





*****-------------****-----------****-----------

日の丸

公的な旗印としては、

琉球王国が中国大陸への進貢船に日の丸を使ったのが最初ともいわれる
(中国への進貢船は14世紀までさかのぼるが、いつから日の丸を掲げたのかは定かではない)。


明治3年に太政官布告の商船規則により日本の船舶旗として規定された。

そしてそのままのデザインで陸上でも使われるようになり

(外国だと船舶旗と国旗のデザインが違う国も多い)、


社会的にも法律的にも日本の国旗として



平成11年に国旗及び国歌に関する法律(国旗国歌法)が公布され、

改めて正式に日本国旗(兼船舶旗)



町おこしに  そして、反日駆除対策に

日本国旗「日の丸」の誕生 薩摩藩主・島津斉彬の提言


江戸末期の1853年、黒船の来航により幕府は鎖国政策から開国へと大きく舵を切った。

そこで問題になったのが、海上で日本と外国の船をどう見分けるかということだった。

幕府は、薩摩藩主の島津斉彬の「白帆に朱の丸」との提言を受け入れ、

日本の船を表わす船印を「日の丸」と定めた。



 日の丸の旗は、近代の夜明けとともに生まれ、


まず船に、そして港など海岸近くの場所などに掲げられていったのだ。

※週刊ポスト2014年5月9・16日号 より

*****-------------****-----------****-----------



なぜ 反日 ニセ右翼は 日の丸
右翼団体の構成員の正体

右翼が「天皇陛下」を尊敬しているというのは本当でしょうか?

顔を見ると、どうみても日本人には見えない


正統派正真正銘の日本人

「行動する保守」とは

右翼団体の構成員の正体 ~ 意外と知られていない 【目的】




彼らに騙される事はない
https://www.youtube.com/watch?v=YmLrmsIby8c


 


真実の近現代【日本史編】
https://www.youtube.com/watch?v=McUqrY0DGXI&t=15s



反日駆除対策に  身近な事から  これが出来ない


日の丸を揚げる事


他の地域では、やり始めているが

https://www.sankei.com/west/news/181008/wst1810080015-n1.html

https://amanaimages.com/info/infoRM.aspx?SearchKey=25083041342



http://chan75.hatenablog.com/entry/2015/12/25/000000


【日の丸】提言の 場所 では? 維新150年と言いながら



『祖先を愛する者は私にふさわしくない。』・・・・ここはキリスト教の街か


街並みを見て、さぞ お喜びのことだろう 草場の陰から

国家観なぞ要らない  平和が一番


参照;Re: 無常観追加

https://8108.teacup.com/tomonori/bbs/3716
 

Re: 「なぜ生きる、どう生きる、どう死ぬ、その後はどうなる。」

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2018年12月23日(日)09時17分34秒
返信・引用 編集済
  > No.1597[元記事へ]

 なぜ生きる・どう生きる・どう死ぬ・その後はどうなる・その後をどうする。

 「どう生きる・どう死ぬ。甲突川」をキーワードに検索してみたところ、この記事はじめ、
        「甲突川健康新聞:清流の生死問答。」、
        「鹿児島市医報:われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず・みんなが調和し
        し幸せに。」などがヒットした。
>                                       ・
>  人生の目的は何か。生活の目標は何か。
>
>
>  理想の目的、理想の目標、健やかな生老病死。
>
>
>  なぜ生きる、どう生きる、どう死ぬ、その後はどうなる。
>
>
>         考えなければ不安はない。考えはじめると、不安になる。考えるなら、
>
>        なるほどそうだと納得し、安心できるまで考える哲学を。自分だけにし
>
>        か通用しない自己流の空想哲学でもよいのではなかろうか。
>
>
>  自然の森を川の上流に、下流に人間の森を。
>
>         里山・里川・里海づくりが地球調和づくり。
>
>
>  理想の目的 は、人間・社会・自然が調和する人類永続・生物永続の地球調和づくり。
>
>  理想の目標 は、職業奉仕の、われづくり・ひとづくり・かけはしづくり。
>
>  老後の安心 は、かけはしの宿での多世代交流。われづくり・ひとづくり・かけはし
>
>               づくり。
>
>                          スイヨク コシ
>  健やかな死 は、人間の森の中、かけはしの宿での衰欲枯死。
>
>  その後の安心 は、自然の森の中、かけはしの庭、かけはしの森の土となる。土は生
>
>          物をはぐくむ。
>
>
>  我は天年、宇宙無限の中にあり。
>
>
>  「かけはしの宿。」で、検索すると、「健やかな生老病死を在宅で、かけはしの宿で。」
>
> などがヒットする。
>
>  「永眠すれば土となる、土は生物をはぐくむ。」で、「子供たちの心と体を健康に育
>
> む実践的研究。」などがヒットする。
>
>  「生物をはぐくむ星。」で、「地球的調和時代を『不戦の星』の上に。甲突川健康か
>
> けはしの庭からの夢。」などがヒットする。
>
>  「我は天年。」で、「我は天年、宇宙無限の中にあり。」などがヒットする。
>
>  「哲学的気づき療法。」で、「内科の哲学療法。」などがヒットする。
>
>  「空想哲学。甲突川」で、「戦前、戦後、災後についての空想哲学。」などがヒット
>
> する。
 

食感恩眠(しょくかんおんみん)

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2018年12月22日(土)20時43分26秒
返信・引用 編集済
   よい人生は食感恩眠のくりかえし。

 食べて・感謝し・恩を送り・眠る。
     目が覚めれば、このくりかえし。
     目が覚めなければ、眠り続けることになる。
         よい睡眠で、永眠先送り。
         一生勉強・生涯現役・臨終定年。

 受けた恩に感謝して、恩返しは恩送り。
     親の恩は子に送れ。
     先輩の恩は後輩に。
     先祖代々の恩は子々孫々に。
     先人の御恩を受けて、われづくり、御恩返しは、明日への、ひとづくり。われづくり・ひとづくり・かけはしづくりの恩送り。

 世界中の子どもたちに言葉と哲学の教育を。人間・社会・自然地球の健康・調和・永続のために。
 

レンタル掲示板
/375