teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


恩送り

 投稿者:仁 38歳  投稿日:2019年 2月 1日(金)17時57分46秒
返信・引用
  昨日のTV番組で、以前納先生に教えて頂いた、恩送り、のキーワードが出てきました。
人から頂いた恩を、また別の人に繋いでいく。
感謝が無限に広がっていく。
とても素敵なことだと思いました。
 
 

老後の生きがい理想の最期のその後の安心。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2019年 2月 1日(金)06時01分13秒
返信・引用 編集済
   一生勉強・生涯現役・臨終定年。
 老後の生きがいは多世代交流。
 理想の最期は衰欲枯死。
 その後の安心は地球的調和時代の実現永続。
 

手帳ダイエット。計るだけダイエット。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2019年 2月 1日(金)00時40分5秒
返信・引用
   手帳に毎日の体重を記録し、本日の体重が増加していたら増加分は今日のために昨日食べてある分だと思って、その分を今日は食べないで、昨日食べたもので生活すれば、明日の体重は昨日の体重以下になっている。この「手帳ダイエット」を皆様にお勧めしている。昨日のお一人は、同じような「計るだけダイエット」をすでに実行されていた。毎日の体重を記録して、体重が増加していたら、その原因をメモするだけで痩せるそうである。

 「計るだけダイエット。」をキーワードに検索すると、「計るだけダイエットで痩せる理由。」などがヒットする。
 「手帳ダイエット。甲突川」で、「甲突川健康掲示板:手帳ダイエット。」などが」ヒットした。
 

しがっこう

 投稿者:fuusan  投稿日:2019年 1月31日(木)23時25分55秒
返信・引用
     私学校綱領

一.道同じく義協(かの)うを以て暗に集合す。  乃(すなわ)ち益々其の理を
  研究し、道義に於いては一身を顧みず、必ず践行すべし。


一.王を尊び民をあわれむは学問の本旨なり。  この理を究め、王事民義に於い
  ては一意難に当たり、必ず一同の義を立つべし。


・「こんなんありましたぁー」が、西郷南洲翁の私学校綱領。
これを真面目に実行して居れば、どうなったであろうかと、
罰当たり的な「ホ」の無いことをヒマヒマに考え居りますが、
道を踏み外すと、想定外のことが興ります。
「ホ」のない凡人で良かったと思い方です。
 

しこう

 投稿者:fuusan  投稿日:2019年 1月31日(木)23時17分15秒
返信・引用
   思考の三原則と決めて、

第1は、目先にとらわれず、長い目で見る。

第2は、物事の一面だけを見ないで、できるだけ多面的・全面的に観察する。

第3は、枝葉末節にこだわることなく、根本的に考察する。


  礼の真義について、礼というものは、相手にすると同時に、自らが自らに対してす
る、というのが本義で「礼は、汝に依って我を礼し、我に依って汝を礼す」つまり、
自分を通して相手にお辞儀をするとともに、相手を通して自分が自分にお辞儀をする
、これが礼というものだということです。

その礼は敬の心から生ずる。
「敬せずんば何を以てか分かたんや」  ・・・  思考についても、それなりに決まり
があることを知りましたが、世間を眺めると、そうでもないような・・・。


 

こころえ

 投稿者:fuusan  投稿日:2019年 1月31日(木)23時11分14秒
返信・引用
   講義などの心得

 講義や講演でも、はじめはどうも聴衆が目にちらついて仕方がない。
相当慣れて来ても、まだまだ聴衆が目につく。

ところがもっと修練して来ると、最早聴衆に対して無になってしまう。
圧迫だとか、相対するだとか、いう様な感じが全くなくなって、これと和してしまう。
和するから無心になる。 そこまでゆくと、却って今度は聴衆が見えて来る。

「官止まるを知って、而して神(しん)は行かんとす」
五官等の感覚器官による感覚などというものは通り越してしまって、
もっともっと根柢にある奥深い心の動きが自由自在に動くのである。


・こういうのをよく聞かされていましたが、顔は前を見ていても
アタマは、心は、さにあらず。 明日を見ながら、昼飯の選択をしていたり
講義が終わった、とたん我にかえる日々を過ごしたツケが今、回って来て
屁理屈をコネテモ、文字は読めないは、意味は分からないは、
で苦労をしております。

博学、博識の方がウラヤマシイなことを考え居ります。



 

チカラ

 投稿者:fuusan  投稿日:2019年 1月31日(木)22時47分11秒
返信・引用
   ○自分のチカラを考えて居る次第です。

 宮本武蔵のように、左右の手を使い、二天一流なことを
行なえば、人間の脳は活性化するらしい。

 左脳と、右脳とのバランスが整い、脳全体が生き生きと成ると証明された。

 そこで、ここ数か月ほど実践を試みているところです。
たしかに微妙な感じを覚えます。
ただ短時間の試みですからマダ大きな成果は獲得していません。

 「どれほど力があっても 自分の体重以上の力は出せません」

 触ってから力が伝わるまでが短い。
 普通の人は体がうねるから、力が伝わるまでどうしても時間がかかる。


ワタシが、いつも感じるのですが、言うだけ言って、
実行を伴わないモノは『無』。言わないのと同んなじさぁー。

「こんなんありましたぁー」と、いくら唱えてみても
わが行いにせずば、甲斐なし。 即ち、虚しい言葉の羅列のみ。
それで、「だから、何んなのよぉー」と謂う言葉が湧いてくるだけ。

唱えるだけで無く、アナタが、それをやってみましょう。
アナタが、やってみた後のことを教えてください。
共感者も、同志もドンドン増えるでしょう。

『自分のチカラ』を如何に成長させるか、
日々、取り組んで居るところです。
 

価値とは

 投稿者:fuusan  投稿日:2019年 1月31日(木)22時17分50秒
返信・引用
  ○人間の価値について、ワタシに或る高僧が言われたのですが、
 今なら分かるような気が致します。

 『死から、最後から、、、自分の人生を見ること』がダイジと。
  死後に どれだけ金を残すかは重要では無い。

  大切なのは、生涯にどれだけ
  自分自身を表現できるのか、、、と。

 カネが重要な事では無いと言われましたが、やはりカネでしょう。


 父の弟は普段、軽装でした。いつも同じような作業服みたいな服装でした。
ただ家督を継いだので、ウン億円のカネと、家屋、アパート多数、貸し倉庫など
億円以上の不動産を相続いたしました。

 さて、オジが亡くなってみたところ、
羨ましいと思うようなモノは何もありませんでした。
生きているときの存在は、とても大きかったオジでしたが、
今では、その『存在価値』を一つも感じない。

どこにでも在るようなモノばかり。

『生涯に どれだけ自分自身を表現できるか』
今、この課題と取り組んで居ります。




 

ネットで話題 泣ける話

 投稿者:●之助  投稿日:2019年 1月31日(木)15時12分43秒
返信・引用 編集済
  日本人が、台湾に残し忘れてしまった 日本人の心   Netで拡散中

台湾で 日本人男性が脳幹出血で倒れた 日本への医療移送費が高額で 家族はあきらめかけたが ・・・・・・





2014年7月24日、台湾・中國時報によると、
台湾に出張中の日本人男性の危機を、ある台湾企業の社長が救ったことが話題となっている。

この日本人男性は2日に台湾を訪れ、5日に帰国する予定だったが、離陸した直後の帰国便のなかで脳幹出血で倒れた。飛行機は台湾の空港に引き返し、男性は病院のICU(集中治療室)に入った。

知らせを聞いた男性の妻はすぐに台湾を訪れた。男性を日本に移送して治療させたかったが、巨額の費用を負担できなかったため、台湾の人々に助けを求めた。これがメディアで報じられると、ある台湾企業の経営者が秘書を通じて病院に連絡。匿名で160万台湾ドル(約540万円)の援助を申し出た。この経営者は「お金は返す必要はありません。今後、助けが必要な方がいれば、助けてあげてください」とのコメントを残した。

この台湾企業の秘書は、

「(社長は)この男性に感謝しています日本人に恩返しする機会を与えてくれたのですから」と話す。

同経営者は5年前に日本でスキーをした際に頸椎を損傷し、長野県の病院に運ばれた。

そこで病院や医療団体から手厚い看護を受けたことが心に残っており、

いつかその恩に報いたいと考えていたという。


日本人男性は22日に無事に日本に到着。男性の妻は台湾を離れる前に通訳を通して、台湾人への感謝を述べている

https://www.chinatimes.com/newspapers/20140724000587-260106


https://twitter.com/sharenewsjapan/status/1090826587874816001
 

Re: 気温

 投稿者:fuusan  投稿日:2019年 1月30日(水)23時06分11秒
返信・引用
  > No.3819[元記事へ]

隼人 28歳さんへ

 寒い中、お疲れ様でした。
 『慣れ』、有り難いですけど、要注意なものなんですね。
 たしかに昔、東京で、東北の方や北海道の方などは
 薄着でした、Tシャツとか、、、。

 貴重な体験話、ありがとうございます。

> 先日北海道へ行ってきました。
> 毎日マイナスの世界。
> -16度なんて日もあり、鹿児島在住の私は防寒対策を念入りにし向かいました。
> 向こうに着くとびっくり。
> 軽装な人が多く、寒くないのかと驚きました。
> そこにずっといると慣れるものなんですね。
>
> 鹿児島でも日中と夜では寒暖差が。
> 皆さま体調にはお気を付けくださいね。
 

レンタル掲示板
/383