teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


脳機能停止。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2019年 1月25日(金)01時18分50秒
返信・引用
   死ぬことより怖いことは脳が機能しなくなること。
 人生とは、脳のなかの内部モデルの蓄積そのものです。脳の働きが止まってしまったら、それがホモ・サピエンスとしての終わりを意味するということです。それ以後の人生は、私には考えられません。  松井孝典氏の言葉
 引用文献:138億年の人生論 松井孝典著 2018年11月9日株式会社飛鳥新社発行。

 一生勉強・生涯現役・恩送り・臨終定年。

 「生涯現役・恩送り。」をキーワードに検索すると、「食べて感謝し恩を送り眠る。」などがヒットする。
 「一生勉強・臨終定年。」で、「理想の人生。安心の三ご(老後・最期・その後)」などがヒットした。
 
 

Re: 破滅への道。

 投稿者:瀬戸山豊75歳  投稿日:2019年 1月23日(水)14時27分40秒
返信・引用
  三方限古典塾の塾生 納利一 79歳さんへのお返事です。


破滅への道良いですね!

夢みたいな空想よりは遥かに現実的です。「衣食住足りて礼節をわきまえる」と言った古人が居たが衣食住足りて人類は野放図になったのではなかろうか?
柳田邦男著「人生の答え」を読みながら考える。




>  酒に溺れ、博打にうつつをぬかし、女を買い漁るふしだらな人間になぅてしまったとしたら、得たものをすべて浪費してしまい、破滅への道をまっしぐらにたどっていく。  ブッダの言葉
>
>  引用文献:「仏陀語録」オリジナル 編著者 島田裕巳 2009年11月1日 株式会社三五館発行。
>
>  われにやさしく・ひとにきびしく・うそつけば・みんなが争い社会は病気。
>
>  
 

破滅への道。

 投稿者:三方限古典塾の塾生 納利一 79歳  投稿日:2019年 1月22日(火)05時47分57秒
返信・引用
   酒に溺れ、博打にうつつをぬかし、女を買い漁るふしだらな人間になぅてしまったとしたら、得たものをすべて浪費してしまい、破滅への道をまっしぐらにたどっていく。  ブッダの言葉

 引用文献:「仏陀語録」オリジナル 編著者 島田裕巳 2009年11月1日 株式会社三五館発行。

 われにやさしく・ひとにきびしく・うそつけば・みんなが争い社会は病気。

 
 

しんがん心願

 投稿者:ふうさん  投稿日:2019年 1月21日(月)00時36分10秒
返信・引用
  「心  眼」

 遠くを見すえ心眼を養う。。。

 狭い島国では、つい目先のことしか見ない
できるだけ遠くを見つめることによって、客観力が養える。

 机の上、目の前の出来ごとばかりを見ないで、一日のうちに一回でも多く
空を見あげて遠くの空を眺め、星を見よう。

 ビルでも森でもいい、視線を遠くにもっていく習慣をつけよう。
遠くを見るということは、遠くに心を置くということだ。

 肉眼をそのように習慣づけていくと、心眼(しんがん)も遠くを見るように
なってくる。つまり、いつもはるか遠くの未来を見すえて生きていく。

 気づいたことを的確に処理する「即行即止」の実践が特に大切だと、。


・わたしは「ホ」が無いので、夢のようなことを
 考え、損得も考えず、過ごしております。
 

ケガレ

 投稿者:ふうさん  投稿日:2019年 1月21日(月)00時31分0秒
返信・引用
  ○けがれ ― 気枯れ

 言葉の使い方と、心の中のイメージの描き方が原因。。。


 言葉と、イメージは密接に関係しており、

消極的、悲観的な言葉を使うと、そのようなイメージで

心の中が満たされ、積極的、楽観的な言葉のみを使うと

イメージばかりではなく、運命までも

ぐんぐん開かれていくと、。


・こんなことを考えながら、日常を過ごしております。
 

遠山(えんざん)

 投稿者:ふうさん  投稿日:2019年 1月21日(月)00時25分13秒
返信・引用
  「遠山(えんざん)の目付」

 はるか遠くの理想を見すえて暮らす習慣をつけると、
いつの間にか、もう一人の自己を遠くから、
内なる自分を観るようになってくる。

 そのもう一人の自己とは、環境に束縛されず、
時間にも、空間にも、限定されない、本当の自己だ。


・尊敬する人のパワーを吸収し、念ずる神仏のエネルギーが、
自由に顕現すると、。

・体調と相談をしながら、ボチボチと
 こんなことをやっております。

・出来るかどうかは別物で、大風呂敷をさらに
 おおきく広げて やり居ります。

 

Re: ヤンゴン旅行旅日記

 投稿者:ふうさん  投稿日:2019年 1月21日(月)00時13分49秒
返信・引用
  > No.3797[元記事へ]

瀬戸山豊75歳さんへ

もーう、帰って来なくても良かったのですが、 ^^)

しかし、居らないと寂しいし、心にポカッと
穴があいたみたいで、、、つらーーー。

貴重な体験をなさったようで
何よりでした。

いつの日にか、講義を戴けると
とても有り難いのですが。。。

お疲れ様でした。


7日程の旅から帰ってきて久ぶりにこのホームページを開くと相も変わらず調和だの平和だの誰も読みもしないであろうが出てる。
> 私のレポートも誰も読みもしないと思うが、75歳にして世界の富豪たちの世界を味わった。
>
> 息子の居るヤンゴンの会社と仕事がどうなのか?見るために訪れたのだが素晴らしい経験をすることが出来た。まず初めに成田を出るとき気温2度で乾季のヤンゴンが30度には驚いたが息子のアレンジしてくれたヤンゴンから飛行機で1時間程の1000年ほど前インド仏教が伝わり繁栄したと思われる街を見学した時物凄い貧富の差に驚くが、そこにある息子の事務所のある桜タワーグループが経営するリゾートビレッジは世界の富豪達が保養に来るみたいで広大な敷地の中の庭で見る夕日は感動的でシルクロードの南ルートの面影があった。そこに三泊程してヤンゴンに帰った。
>
> 市場はごった返しミャンマー米が1キロ80円程で歩いてる僧侶達をみてると「ビルマの竪琴」のおーい水島と叫んでみたい気になる。ヤンゴンの息子の近代的ビルの裏どうりはスラム街みたいだがスーパーやデパートは近代的で人があふれてる、それと若い世代があふれてる。
> 豊さとは何なのか?格差が無いと味わえないものなのか?あまりにも豊かになったこの成熟した社会は不満でもないバカバカしい非現実的考えが出てくるのであろう。
>
> 日本に居ると感じないが物凄い貧富の差がある中で調和だの平和だのバカバカしくて誰も思わないで在ろう。
> 富豪に対する妬みなど思いもしない、日本はあまりにも恵まれすぎて世界の現実を見失っているのだろう。
> 75歳これが最後とは思うが息子の事業が成功してくれればまだ面白い事があるかもしれない
 

Re: 生命科学振興会の三つの理念。

 投稿者:ふうさん  投稿日:2019年 1月21日(月)00時04分30秒
返信・引用
  > No.3790[元記事へ]

三方限古典塾の塾生 納利一先生へ


『漢字』は良いです、さらに文言の深みが増します。
感動します。

・生命尊厳
・人間社会自然調和
・生命科学哲学調和永続


>  三つの理念を漢字だけで表現してみたい。
>
>  生命尊厳・人間社会自然調和・生命科学哲学調和永続。
>
>  「生命尊厳。甲突川」をキーワードに検索すると、「甲突川健康新聞:地球的調和時代は東西の心と精神の和諧から。」などがヒットする。
>  「人間社会自然地球調和。甲突川」で、「甲突川健康新聞:甲突川流域の子どもたちの心と体を健康に育む研究的実践。」などがヒットした。
>  「生命科学哲学調和永続。甲突川」で、「東洋医学的健康づくりの研究的実践。」などがヒットする。
 

Re: 甲突川健康宣言。

 投稿者:ふうさん  投稿日:2019年 1月20日(日)23時59分42秒
返信・引用
  > No.3792[元記事へ]

三方限古典塾の塾生 納利一先生へ

『平成』時代も終わりますが、不可思議な気持ちです。  m(_T_)m

東京を中心に活動しておりました同人の最終原稿も1/13に完成したようです。
あとはレイアウト。 カタチを見ることに成りますが、
何冊の出版になるか、論説委員をされた有識者の方々を中心に
作業はドンドン進んでいるようです。

めざすところは下記と同じですので
楽しみです。


>  人の健康は心と体と気の調和。人間の健康は社会の健康、自然の健康すなわち地球の健康の中にある。
>  この地球を生物をはぐくむ星として永続させたい。この人類共通の願いの実現を目指しつつ、すべての国および国民が共生していく道を求め、さらに、すべての動物や植物が共生する地球的調和時代を築いていく道を歩いていきたい。
>  甲突川の健康は流域の健康のシンボル。森の健康、川の健康、海の健康、水の飲める甲突川を後世に。共生、循環、永続を合言葉に平和で住みよい安定した流域社会づくりを続けていきたい。
>  甲突川が健康になれば、世界中の川が健康になり、地球の健康が実現していくことを期待したい。甲突川の健康から地球の健康を。
>         平成15年6月1日   甲突川の集い
>
>  山川草木悉皆成仏(さんせんそうもくしっかいじょうぶつ)という言葉がある。この言葉は甲突川健康宣言が目指しているものと同じではなかろうか。
>
>  
 

Re: 宇宙の中の小宇宙。

 投稿者:ふうさん  投稿日:2019年 1月20日(日)23時41分18秒
返信・引用
  > No.3801[元記事へ]

三方限古典塾の塾生 納利一先生へ


いま体調と相談をしながら、、、

宇宙のエネルギーを体内に取り込む鍛錬を
行なっています。 ^^)

無限の中に真理が在り
真理の中に宇宙が在る。

論を垂れるばかりで、
何も行動を成さない方々には
とても理解は出来ないであろうかと
考え方です。

賢人の考えには真理があります。
まことに耳の痛い御言葉で
あります。

素直に耳を傾けることが
出来ない方々は地獄を見るでしょう。
これも人様それぞれで
何を言おうが勝手でしょう。

わたしは非常に寛容に
考えられるようになりました。


>  人はみな宇宙の中の小宇宙。
>
>  宇宙なくして一人なし。一人なくして宇宙なし。
>  宇宙ありて一人あり。一人ありて宇宙あり。
>
>  世界中のみんなが幸せになるまでは一人の幸せもない。  宮沢賢治の言葉
>
>  他人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。  西郷隆盛の言葉
>
>  我は天年。宇宙は無限。我は宇宙無限の中にあり。
>
>  人類社会は地球の生命の中を広がっていくネットにたとえられる。時間的にも空間的にも人間社会自然地球宇宙が健康調和永続してほしい。
>
>  「宇宙の中の小宇宙。甲突川」をキーワードに検索すると、「宇宙無限の中の一点。」などがヒットする。
>  「人類ネット。」で、「人類ネットの縦糸の健康づくり。」などがヒットした。
>  「人類ネット。甲突川」で、「ロータリーの健康から地球の健康を。」などがヒットする。
>  「健康調和永続。」で、「日本社会の病気の原因と治療。」などがヒットした。
>  「我は天年。」で、「我は天年宇宙は無限。」、「鹿児島市医報:われにきびしく・ひとにやさしく・うそつかず・みんなが調和し幸せに。」などがヒットする。
>
>
 

レンタル掲示板
/383